京都の造園・庭石「洛西ガーデン」

柑橘類です。1本だけ温室で育ててる木で 数年前は熟した佛手柑を菩提寺に奉納しました。

毎年 白い花が咲いて、結実はしますが

黄色く熟す頃には、猿が食べてしますます。

京都の野外では、寒くて育ちません。日本では鹿児島県で栽培されているようです。

佛さんが合掌する両手のようで、こんな名前がついたそうです。

砂糖漬けや乾燥させて漢方薬に使われるそうです。何とか今年は収穫したいけど 猿が覚えています。

★本山の禅林寺〔永観堂〕にも、白い花が咲いたらしいです。

★★今日は、次の工事の準備を始めます。昨日 結界の石の嫁ぎ先が決まりました。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー : 日々のこと
古材市場

探検隊長が行く!
PAGE TOP