京都の造園・庭石「洛西ガーデン」

文化財登録されている、茶室と母屋です。やっと大改装が終わり いよいよオープンです。

暮らしランプが運営されます。この茶室は 建築家藤井厚二氏で数奇屋大工の北村傳兵衛が昭和26年に新設されたそうです。

いたるところに竹が使われています。竹で編まれた網代天井です。

母屋は、長岡京市の旧西国街道沿いの古民家で江戸末期に作られたそうです。

庭の手入れと、灯籠の据え直し竹垣の交換を3ヶ月かけてさせていただきました。

しばらく 手入れされていなかった庭も明るくなりました。

座敷で麦茶をよばれて、静かなひと時を味わいました。

この杉玉も、暮らしランプのメンバーがこの〔なかの邸〕の軒先に飾るために一緒に作りました。

★テレビでも紹介されて、既にイベントの予約がいっぱい入っているそうです。いずれここで 苔玉教室と杉玉教室をする予定です。

★★今日は 松尾小学校の同窓会があり 久しぶりの級友と会うのが楽しみです。

 

 

カテゴリー : 日々のこと
古材市場

探検隊長が行く!
PAGE TOP