京都の造園・庭石「洛西ガーデン」

作法

2020.09.08 04:37

昨日 家の前に七尺の

宝篋印塔を据えました。先日から この場所に据えてあった灯籠が何本か売れて 空き地になって場所です。

そんなに古い物ではありませんが、苔は生えています。

正式には 宝篋印塔のオウム搭と言われているそうです。

庭の景色です。

お正念は 入っていません。

据え方の作法があるらしくて、昨日は 専門の職人さんに据え方を教えていただきました。

 

近々 この宝篋印塔より大きなオウム搭を 供養搭として据えさせていただくことになりました。

★本番に向けての勉強会でした。

★★今日は 古い庭の解体現場の下見に行きます。

 

カテゴリー : 日々のこと
古材市場

探検隊長が行く!
PAGE TOP